安いロボット掃除機のおすすめ比較人気ランキング10選【格安&激安】

ロボット掃除機は時短家具の代表格として知名度を得ています。自分の居ない時間帯にロボット掃除機が部屋を掃除してくれるため、掃除の時間が格段に減ります。

しかし、需要が高まると新しいモデルや新機能を搭載したロボット掃除機が増えてしまい、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

この記事ではロボット掃除機の様々な要素を比較して、ランキング形式で紹介します。

これを読めば、あなたにおすすめなロボット掃除機が見つかるはずです。

すぐにランキングを見る

安いロボット掃除機を選ぶ3つのポイント

ロボット掃除機は、メーカーによって特徴や価格、タイプ、機能が異なっており、どれを選べばいいのか分かりづらいです。安いロボット掃除機の選び方で迷う方は、下記の3つのポイントに注目しましょう。

①価格で選ぶ

ロボット掃除機の価格は、4万円前後までのエントリーモデルと5万円以上のハイエンドモデルに分かれます。

価格が高いほど機能が多くなるのが特徴で、スマートフォンと連動したり、自動でゴミをまとめて処理する機能もあります。

一方でスタンダードモデルもロボット掃除機に必要な機能を備えているのが増えてきているため、安いロボット掃除機が欲しいなら4万円前後までのロボット掃除機を中心に探してみましょう。

②タイプで選ぶ

ロボット掃除機はゴミを吸い取る吸引タイプと、専用のクロスなどを使って拭くタイプの2種類があります。タイプの違いは掃除のできる場所の違いとなります。

  • 吸引タイプ…フローリング、畳、カーペットに対応
  • 拭くタイプ…フローリングのみ

また、ロボット掃除機は丸型と四角、三角の3種類の形があります。丸形はマットなどの障害物に引っかかりにくく、四角・三角は部屋の隅や壁際のゴミを取りやすいというメリットがあります。

ロボット掃除機を使ってどんな掃除をしたいのか、どこを掃除してもらいたいのかによって選ぶタイプも違います。

③メーカーで選ぶ

家電製品はメーカーによって特色が違います。

たとえば、ロボット掃除機でお馴染のルンバは、部屋の状況を学習・記憶することで独自の最適な清掃パターンを作りだします。

記事のQ&Aでメーカーごとの違いを詳しくまとめているので、ぜひ参考にして下さい。

安いロボット掃除機のおすすめ人気ランキング10選【2020年】

2020年におすすめするロボット掃除機の人気ランキングになります。人気ランキング10選として1位から順番に紹介します。全て税抜き価格になります。

安いロボット掃除機の比較表

名称 価格 タイプ メーカー
V3s pro
15,980円 吸引・丸形 ILIFE
eufy RoboVac 11S
17,800円 吸引・丸形 ANKER
ルンバ641 R641060
28,999円 吸引・丸形  iRobot
ブラーバ371j B371060
28,800円 拭き・四角 ブラーバ
DEEBOT DM88
32,800円 拭き・丸形 DEEBOT
トルネオ ロボ VC-RV2
25,000円 吸引・丸形  トルネオ
ブラーバ ジェット250 B250060
31,980円 拭き・四角  iRobot
EVOROBOT R72 RV720_NJ
29,763円 吸引・丸形  Shark
motionsense ERV5210IW
20,680円 吸引・三角 エレクトロラックス
Eufy RoboVac 15C
20,800円 吸引・丸形 ANKER

【1位】V3s pro

ペットの細かい毛を強力な吸引力で吸い込む

V3s proは、ペットを飼っている家庭のために設計されたロボット掃除機です。

強力なモーターを内蔵しており、ペットの細かい毛を吸い込み効率的に清掃が可能。ブラシレスタイプのため、毛がもつれないのもポイントです。

薄い丸型デザインのため、ソファの下といった狭い場所の掃除をしっかりとしてくれます。

価格 15,980円
タイプ 吸引・丸形
最長運転時間 110分~120分
充電時間 200分~350分
衝突防止
タイマー予約
サイズ 不明
メーカー ILIFE
評価 ★★★★★

ILIFE アイライフ V3s Pro ロボット掃除機 お掃除ロボット 薄型 一人暮らし ペットの毛に効果を発揮! 選べる清掃モード 衝突防止センサー 落下防止センサー完備

 

【2位】eufy RoboVac 11S

吸引力と静音性を両立したエントリーモデル

eufy RoboVac 11Sは、吸引力と静音性を高いレベルで両立したエントリーモデルになります。

最大1300paのパワフルな吸引力を実現し、床やカーペットに付着したゴミを吸い取ります。高さが72mmとかなり低いのも特長で、野球のボールよりも薄いロボット掃除機が家具の下を掃除してくれます。

掃除する場所によってパワーをコントロールするため、効率よく掃除できるのも魅力です。

価格 17,800円
タイプ 吸引・丸形
最長運転時間 100分
充電時間 300分~360分
衝突防止
タイマー予約
サイズ 325x72x325mm
メーカー ANKER
評価 ★★★★★

Eufy RoboVac 11S (ロボット掃除機 by Anker)【BoostIQ搭載 / 超薄型 / 1300Paの強力吸引 / 静音設計 / 自動充電】(ホワイト)

【3位】ルンバ641 R641060

ロボット掃除機の代名詞のスタンダードモデル

ルンバ641 R641060は、3段階クリーニングシステムを搭載。毎秒60回以上、部屋の状況を判断しながら掃除をするため、隅々までキレイになります。

衝突防止センサーはありませんが、壁や家具などを感知すると自動的に速度を緩め、接触時のショックを最低限に和らげています。

コードのからまりなども自動で対応するなど、一通りの機能が揃っているためロボット掃除機を初めて購入する方にピッタリです。

価格 28,999円
タイプ 吸引・丸形
最長運転時間 60分
充電時間 180分
衝突防止 ×
タイマー予約 ×
サイズ 340x92x340mm
メーカー  iRobot
評価 ★★★★★

送料無料 ロボット掃除機 iRobot ルンバ641 R641060_0885155013958_94

【4位】ブラーバ371j B371060

床のタイプによって清掃モードを選択可能

ブラーバ371j B371060は、フローリングやタイル、石材など床のタイプによって、水拭きと乾拭きの異なる拭き方が用意されています。

最新ナビゲーションシステムによって、部屋の形状や家具の配置などを把握しながら、部屋全体を拭き掃除することが可能。

水拭きと乾拭きの2種類があるため、ほこりだけでなく皮脂汚れや食べこぼし、水滴など幅広く対応できます。

価格 28,800円
タイプ 拭き・四角
最長運転時間 150分~240分
充電時間 240分
衝突防止 ×
タイマー予約 ×
サイズ 244x79x216mm
メーカー ブラーバ
評価 ★★★★☆

ブラーバ371j アイロボット 床拭きロボット 静音 簡単操作 水拭き・乾拭き 落下防止 B371060

【5位】DEEBOT DM88

拭き掃除だけでなくゴミの吸引もできる

DEEBOT DM88は、ゴミの吸引と簡易水拭き・乾拭きが同時に行えるのが最大の特徴。

フローリングだけでなく、カーペットのような柔らかい床面に対応したモーションを搭載しており、スマートフォンのアプリで切り替えができます。

拭き掃除と吸引の両方を兼ね備えたロボット掃除機になります。

価格 32,800円
タイプ 拭き・丸形
最長運転時間 90分
充電時間 240分~300分
衝突防止
タイマー予約
サイズ 340×77.5x340mm
メーカー DEEBOT
評価 ★★★★☆

★20時〜4H全品P5倍★【送料無料】 DM88 全自動 ロボット掃除機 ディーボット ロボットクリーナー エコバックス 掃除機 一人暮らし 薄型 クリーナー 床掃除 掃除 ホワイト ロボット型クリーナー Deebot M88 新生活 引越し

【6位】トルネオ ロボ VC-RV2

手入れがしやすくコストパフォーマンスに優れている

トルネオ ロボ VC-RV2は、ブラシや付属消耗品の価格が安いため、トータルでのコストパフォーマンスに優れています。

ボタン一つで全自動掃除がスタート。タイマー予約をすれば、自分の外出中に掃除を始めてくれます。

手入れがしやすいのも魅力の一つで、別売りのダストステーション付きモデルだとさらにゴミの処分がしやすくなります。

価格 25,000円
タイプ 吸引・丸形
最長運転時間 60分
充電時間 300分
衝突防止 ×
タイマー予約
サイズ 350x87x350mm
メーカー トルネオ
評価 ★★★★☆

【7位】ブラーバ ジェット250 B250060

キッチンのベタつき汚れもキレイになる

ブラーバ ジェット250 B250060は、キッチンの床に張り付いたベタつき汚れや、手の届きにくい汚れを掃除してくれます。

専用のクリーニングパッドを装着すれば、自動的に3種類の掃除モードから最適なモードを選択してくれるため、手間がかかりません。

専用のスマートフォンアプリと連携すれば、楽々捜査になるのもポイントです。

価格 31,980円
タイプ 拭き・四角
最長運転時間 不明
充電時間 120分
衝突防止 ×
タイマー予約 ×
サイズ 178x84x170mm
メーカー  iRobot
評価 ★★★★☆

iRobot アイロボット B250060 床ふきロボット ブラーバ ジェット250(Braava Jet)[お掃除ロボット ロボット掃除機 小型 水拭き]

【8位】EVOROBOT R72 RV720_NJ

コストパフォーマンスに優れた高性能製品

EVOROBOT R72 RV720_NJは、ブラシロールと2つのブラシによってゴミやほこりをくまなく吸い込みます。

衝突防止センサーだけでなく、段差センサーも搭載しているため、階段近くの廊下のような場所でも問題なく使えます。

髪の毛や糸くずを自動で除去するため、こまめにメンテナンスをすることなく、水洗いだけでお手入れが完了するので、ロボット掃除機を始めて購入しようとする方にもおすすめです。

価格 29,763円
タイプ 吸引・丸形
最長運転時間 60分
充電時間 180分
衝突防止
タイマー予約
サイズ 320x90x315mm
メーカー Shark
評価 ★★★☆☆

Shark ロボット掃除機 EVOROBOT R72 RV720_NJ

【9位】motionsense ERV5210IW

三角形のデザインが特徴的なロボット掃除機

motionsense ERV5210IWは、今回紹介している中では珍しい三角形のデザインのロボット掃除機です。

三角形のデザインだと、部屋の隅や壁際までしっかりと掃除することが可能。2㎝までの段差を乗り越えるため、部屋から部屋を移動して掃除してくれます。

付属のセンサーを設置すれば部屋の中にバーチャルの壁を作り、掃除して欲しいエリアを決められます。

価格 20,680円
タイプ 吸引・三角
最長運転時間 60分
充電時間 180分
衝突防止 ×
タイマー予約
サイズ 340x90x293mm
メーカー エレクトロラックス
評価 ★★★☆☆

エレクトロラックス ロボットクリーナー motionsense ERV5210IW JAN7332543474837

【10位】Eufy RoboVac 15C

専用スマートフォンアプリに対応

Eufy RoboVac 15Cは、専用のスマートフォンアプリに対応しているのが特長。

マニュアルコントロールからスケジュール設定まで、スマートフォンだけで設定できるため、外出先から掃除を命令することも可能です。

約72mmの薄型設計なので家具の下にもラクラク入り、パワフルかつ静音性に優れたモデルとなっています。

価格 20,800円
タイプ 吸引・丸形
最長運転時間 100分
充電時間 300分~360分
衝突防止
タイマー予約
サイズ 不明
メーカー ANKER
評価 ★★☆☆☆

Anker Eufy RoboVac 15C(ロボット掃除機)【BoostIQ搭載 / Wi-Fi対応 / 超薄型 / 1300Paの強力吸引 / 静音設計 / 自動充電】

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

ロボット掃除機のQ&A

ロボット掃除機で迷う方の参考になるような質問を、Q&A形式でまとめています。

①今回紹介した中で1番格安・激安のロボット掃除機は?

今回紹介した中で1番格安・激安のロボット掃除機は、1位のV3s proになります。

ロボット掃除機のなかでもトップクラスに安い価格ですが、スマートフォンアプリに対応する、最長運転時間100分とスペックは十分あります。

コストパフォーマンスが良いため、ロボット掃除機を初めて購入する方にピッタリです。

②一人暮らしにピッタリなロボット掃除機は?

一人暮らしにピッタリなロボット掃除機は、5位のDEEBOT DM88になります。

ほかのロボット掃除機が吸引か拭き掃除に特化しているのに対して、5位のDEEBOT DM88は吸引と拭きの両方に対応しています。

専用アプリを使えば外出中でもコントロールできるのも便利です。

③ペットを飼っている家庭にピッタリなロボット掃除機は?

ペットを飼っている家庭にピッタリなのは、1位のV3s proになります。

ペット用のロボット掃除機として最初からデザインされており、ブラシレスタイプのため絡まった毛を掃除する手間が無いのが嬉しいポイントです。

④段差のある場所でも使えるロボット掃除機は?

敷居のような段差を乗り越えられるパワフルなロボット掃除機は、9位のmotionsense ERV5210IWになります。

最大で2㎝までの段差を乗り越えるため、部屋の敷居をまたいで掃除をしてくれます。

⑤ロボット掃除機のブラシの違いは?

ロボット掃除機には、サイドブラシと床ブラシの2種類のブラシがあります。

  • サイドブラシ…壁際や部屋の隅にあるゴミを取る
  • 床ブラシ…ほこりなどの細かいゴミを掃除する

なかには、サイドブラシだけあって、床ブラシの無いタイプうもあります。たとえば、1位のV3s proは床ブラシなしタイプで、ローラーの強力な吸引力でペットの毛を吸い込んでいます。

また、今回紹介した中にはありませんが、ブラシでも届かないゴミに強い風を吹きつけて吸い寄せるエアーブラシも登場しています。

⑥手入れやゴミ捨てはこまめにするべき?

ロボット掃除機を購入するのにネックとされるのが、手入れやゴミ捨てです。

手入れやゴミ捨てをせずに放置しておくと、吸引力が下がったり、故障する原因となります。

面倒ではありますが、こまめに手入れをしましょう。

⑦ロボット掃除機のメーカーの違いは?

メーカーごとのロボット掃除機の違いを簡単に解説します。なお、今回紹介していないメーカーも併せて解説しています。

 iRobot ロボット掃除機の代名詞的なメーカー

部屋の状況を学習・記憶させ、徹底的な掃除ができるように成長する

最新モデルは自動でゴミを排出するため、ゴミ捨てが簡単と評判

パナソニック 三角形のデザインが特長

細かいゴミを識別できるセンサーに、自己位置を簡易的に判断できるジャイロセンサーを搭載

エレクトロラックス 衝突防止センサーが優秀で、家具を移動したりする手間が省ける

短い時間で充電完了する

ANKER スマートフォンと連動したロボット掃除機を発表

静音性と吸引力を高いレベルで両立

ILIFE ロボット掃除機の専門ブランド

ペットを飼っている家庭向けの商品をコンセプトに様々なシリーズを発表している

ロボット掃除機のまとめ

ロボット掃除機が普及して20年以上ほど経ちましたが、現在のロボット掃除機はかなり使いやすくなっています。

1位のV3s proは、ペットを飼っている家庭にピッタリなロボット掃除機として人気を集めています。

2位のeufy RoboVac 11Sは、吸引力と静音性を兼ね備えたモデルで、デザイン性が優れているのも評価されています。

自分の部屋にあったロボット掃除機を探してみましょう。

もう一度ランキングを見る