安い完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ比較人気ランキング10選【格安&激安】

完全ワイヤレスイヤホンは有線特有のタッチノイズがなく、持ち運んで絡まる、運動中に線が切れてしまうというデメリットから解放されます。

しかし、各メーカーから特徴の異なる完全ワイヤレスイヤホンが登場しており、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

この記事では完全ワイヤレスイヤホンの様々な要素を比較して、ランキング形式で紹介します。

これを読めば、あなたにおすすめな完全ワイヤレスイヤホンが見つかるはずです。

すぐにランキングを見る

安い完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ3つのポイント

完全ワイヤレスイヤホンはメーカーによって、特徴や価格、連続再生時間などが異なります。完全ワイヤレスイヤホンの選び方で迷う方は、下記の3つのポイントに注目しましょう。

①価格で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンは3万円以下のエントリー・スタンダードモデルと3万円以上のハイエンドモデルに分類されます。

ハイエンドモデルになると、対応コーデックやノイズキャンセリング機能など、より高い音質で楽しめますが、エントリーモデルやスタンダードモデルでも十分なスペックとなっています。

安いワイヤレスイヤホンを探すなら、3万円以下のエントリー・スタンダードモデルを中心に探してみましょう。

②タイプで選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンの定義は、「左右を繋ぐケーブルが無く、それぞれが独立しているタイプ」です。

そのため、完全ワイヤレスイヤホンにはインナーイヤーと、カナル型の2種類のタイプしかありません。

インナーイヤー 耳の穴に軽く押し込むタイプ。密閉感が低く、音漏れがしやすい
カナル型 耳栓のようにしっかりと入れるタイプ。密閉感は高く、音漏れしにくい

音漏れを気にする方はカナル型、圧迫感や密閉感が苦手な方はインナーイヤーを選びましょう。

③連続再生時間で選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンは充電式となっており、バッテリーが無くなれば使えなくなります。

付属の充電ケースなら、外出先でも充電できますが、充電ケース自体を充電し忘れてしまうのは珍しくありません。

連続再生時間が長い製品を選べば、バッテリーの残量を気にせずに音楽を楽しめます。ランキングでは連続再生時間についても記載しているため、参考にしてください。

安い完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ人気ランキング10選【2020年】

2020年におすすめする完全ワイヤレスイヤホンの人気ランキングになります。人気ランキング10選として1位から順番に紹介します。全て税抜き価格になります。

安い完全ワイヤレスイヤホンの比較表

名称 価格 タイプ 連続再生時間
WF-1000XM3
22,000円 カナル型 約6時間(ノイズキャンセリング ON時)
約8時間((ノイズキャンセリング OFF時)
HA-A10T
5,337円 カナル型 約4時間
EmpowerLifestyle
TW-E3A

7,425円 カナル型 約6時間
Soundcore
LibertyAir2

8,890円 カナル型 約7時間
RZ-S50W
21,780円 カナル型 約6.5時間(ノイズキャンセリング ON時)
約7.5時間(ノイズキャンセリング OFF時)
AirPodswithChargingCase
第2世代MV7N2J/A

17,400円 インナーイヤー 約5時間
SoundcoreLibertyNeo
第2世代A3911011

4,999円 カナル型 約5時間
REFLECTFLOW
7,500円 カナル型 約10時間
SoundSportFree
wireless headphones

17,800円 インナーイヤー 約5時間
h.earin3TrulyWireless
WF-H800

18,260円 カナル型 約8時間

【1位】WF-1000XM3

ノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスイヤホン

WF-1000XM3は、ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。

飛行機のエンジン音や人の声など、幅広い音域のノイズを低減し、クリアかつ高音質な音楽を楽しめます。

独自の高音質技術も搭載しており、CD音源やMP3、ストリーミング配信などの音もハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングします。

価格 22,000円
タイプ カナル型
連続再生時間 約6時間(ノイズキャンセリング ON時) 約8時間
(ノイズキャンセリング OFF時)
充電時間 本体:約1.5時間
充電ケース:約3.5時間
ノイズ
キャンセリング
マイク ブラック
プラチナシルバー
カラー
重量 8.5 g
メーカー SONY
評価 ★★★★★

ソニー WF-1000XM3-B ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ブラック

 

【2位】HA-A10T

ボタン一つで簡単操作

HA-A10Tは、本体にあるボタン一つで、再生や一時停止、曲の送り戻し、ボリューム操作など各種操作が簡単に行えます。

充電ケースから取り出すだけで自動オンオフ。内蔵バッテリーと充電ケースを合計すれば、最大14時間の長時間再生にも対応しています。

汗や雨に対する防水仕様も高く、スマートフォンの音声アシスタントに対応しているのもポイントです。

価格 5,337円
タイプ カナル型
連続再生時間 約4時間
充電時間 イヤホン:約2時間
充電ケース:約3時間
ノイズ
キャンセリング
×
マイク ブラック
インディゴブルー
ミスティグレイ
ダスティピンク
カラー
重量 5.2g
メーカー JVC
評価 ★★★★★

【キャッシュレス5%還元店】JVC 完全ワイヤレスイヤホン IPX5相当防水 マイク搭載 Bluetooth5.0 HA-A10T-B トゥルーワイヤレス イヤフォン【送料無料】【KK9N0D18P】

【3位】EmpowerLifestyleTW-E3A

リスニングケアを重視したイヤホン

EmpowerLifestyleTW-E3Aは、耳への負担を抑えるリスニングケアを重視した完全ワイヤレスイヤホンです。

音のバランスを自動で最適化して、自然で聞きやすい音を再現しており、長時間使用していてもリラックスできます。

専用アプリによってリスニングケアのオンオフを切り替えたり、バッテリー内蔵残量の確認なども可能です。

価格 7,425円
タイプ カナル型
連続再生時間 約6時間
充電時間 約2時間
ノイズ
キャンセリング
×
マイク ブラック
スモーキーブルー
ホワイト
スモーキーピンク
カラー
重量 6.3g
メーカー ヤマハ
評価 ★★★★★

YAMAHA ヘッドホン・イヤホン Empower Lifestyle TW-E3A(W) [ホワイト]

【4位】Soundcore Liberty Air2

自分好みの音質設定アプリ

Soundcore Liberty Air2は、音の聞き取り安さを測定して、ユーザー好みの音質を設定できる独自のアプリに対応しています。

マイク部分にはノイズキャンセリング機能が搭載されているため、ハンドフリー通話の音質が優れているのも特徴。

音質面にもこだわっており、従来製品以上に好き取った高音域と正確なリズムを刻むサウンドが高評価を得ています。

価格 8,890円
タイプ カナル型
連続再生時間 約7時間
充電時間 約2時間
ノイズ
キャンセリング
×
マイク ブラック
ホワイト
カラー
重量 53g
メーカー ANKER
評価 ★★★★☆

ワイヤレスイヤホン 【第2世代】Anker Soundcore Liberty AirBluetooth 5.0【Qualcomm/aptX/ IPX5防水規格 / 最大28時間音楽再生 / cVc8.0ノイズキャンセリング / マイク内蔵 / グラフェン採用ドライバー / PSE認証済み】

【5位】RZ-S50W

高性能ノイズキャンセリング機能搭載

RZ-S50Wは、国内トップクラスの高性能ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。

音質面では直径8㎜のダイナミック型ドライバーを搭載しており、低音から高音まで余裕を持って再生します。

パナソニックのアプリにも対応しており、周囲の音を確認できる外音取り込み機能を搭載。声を掛けられてもイヤホンを着けたまま会話が可能となっています。

価格 21,780円
タイプ カナル型
連続再生時間 約6.5時間(ノイズキャンセリング ON時)
約7.5時間(ノイズキャンセリング OFF時)
充電時間 約2時間
ノイズ
キャンセリング
マイク ブラック
ホワイト
カラー
重量 7 g
メーカー パナソニック
評価 ★★★★☆

パナソニック 完全ワイヤレスイヤフォン ブラック RZ-S50W-K [RZS50WK]【RNH】

【6位】AirPodswithChargingCase第2世代MV7N2J/A

新開発のチップを搭載したバージョンアップ世代

AirPodswithChargingCase第2世代MV7N2J/Aは、新開発のH1チップを搭載した第2世代です。

第1世代に比べて通話時間が50%もアップ。性能面では他に、デバイスを切り替えたときに繋がるまでの時間が短縮されたりと、バージョンアップしています。

音声アシスタント「siri」に対応しており、呼びかけるだけで曲の切り替えや電話、道案内などが行えるのもポイントです。

価格 17,400円
タイプ インナーイヤー
連続再生時間 約5時間
充電時間 不明
ノイズ
キャンセリング
×
マイク ホワイト
カラー
重量 不明
メーカー Apple
評価 ★★★★☆

ワイヤレスイヤホン 【第2世代】Anker Soundcore Liberty AirBluetooth 5.0【Qualcomm/aptX/ IPX5防水規格 / 最大28時間音楽再生 / cVc8.0ノイズキャンセリング / マイク内蔵 / グラフェン採用ドライバー / PSE認証済み】

【7位】Soundcore Liberty Neo 第2世代A3911011

コストパフォーマンスにこだわる方におすすめ

Soundcore Liberty Neo 第2世代A3911011は、低価格なモデルとなっており、コストパフォーマンスにこだわる方にピッタリです。

第1世代同様にコンパクトなデザインは鞄に入れやすく、持ち運びがしやすくなっています。

音質面は向上しており、従来のドライバーよりも軽量化したグラフェン採用ドライバーによって、低音域を43%アップ。正確でクリアなサウンドを実現しました。

価格 4,999円
タイプ カナル型
連続再生時間 約5時間
充電時間 約1.5時間
ノイズ
キャンセリング
×
マイク ブラック
カラー
重量 51g
メーカー ANKER
評価 ★★★★☆

ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 【第2世代】 Anker Soundcore Liberty Neo【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応 / グラフェン採用ドライバー / マイク内蔵 / PSE認証済】
¥5,499 (2022/09/30 23:51:16時点 楽天市場調べ-詳細)

【8位】REFLECTFLOW

最大30時間の連続再生が可能

REFLECTFLOWは、充電ケースを併用すれば最大30時間再生が可能な完全ワイヤレスイヤホンです。

充電機能に特化しており、10分の充電で約1時間の連続再生が可能になるクイック充電機能を搭載。

本体部分はエルゴノミック設計となっており、長時間の使用でも耳が痛くになりにくく、スポーツ中でも外れにくくなっています。

価格 7,500円
タイプ カナル型
連続再生時間 約10時間
充電時間 約2時間
ノイズ
キャンセリング
×
マイク ブラック
ティール
ブルー
グリーン
カラー
重量 8g
メーカー JBL
評価 ★★★☆☆

【ポイント10倍!4月16日(木)01:59まで】JBL REFLECT FLOW ブラック JBLREFFLOWBLK

【9位】Sound Sport Free wireless

長時間の使用でも負担にならない快適さ

Sound Sport Free wireless headphonesは、しっかりとフィットする安定感と長時間使っても負担にならない快適な装着感を両立しています。

防滴・防汗性能も高く、頑丈で耐久性に優れているため故障しにくいという評価もあります。

独自のアプリに登録すれば、最後に使用した地点が記録されるため、万が一に失くしても見つかる可能性が高いのもポイントです。

価格 17,800円
タイプ インナーイヤー
連続再生時間 約5時間
充電時間 本体:約2時間
充電ケース:約2時間
ノイズ
キャンセリング
×
マイク ウルトラバイオレット×ミッドナイトブルー
トリプルブラック
ミッドナイトブルー×イエローシトロン
ブライトオレジ
カラー
重量 9g
メーカー Bose
評価 ★★★☆☆

【ポイント9倍!4月16日(木)01:59まで】Bose(ボーズ) SSPORTFREEBLK 完全ワイヤレスイヤホン 「SoundSport Free wireless headphones」 ブラック

【10位】h.earin3TrulyWirelessWF-H800

音質にこだわる方にピッタリ

h.earin3TrulyWirelessWF-H800は、独自の高音質技術を搭載している完全ワイヤレスイヤホンです。

CD音源やMP3、ストリーミング配信の動画などの音源をハイレゾ相当までアップスケーリングすることが可能となっています。

本体に搭載しているアンテナの構造と位置にもこだわっており、音が切れにくく、安定して高音質を楽しめます。

価格 18,260円
タイプ カナル型
連続再生時間 約8時間
充電時間 本体:約1.5時間
充電ケース:約3時間
ノイズ
キャンセリング
×
マイク ブラック・ブルー
レッド
オレンジ
アッシュグリーン
カラー
重量 7.6g
メーカー SONY
評価 ★★☆☆☆

SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800 ハイレゾ級高音質 最大8時間連続再生

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

完全ワイヤレスイヤホンのQ&A

完全ワイヤレスイヤホンで迷う方の参考になるような質問を、Q&A形式でまとめています。

①今回紹介した中で1番格安・激安の完全ワイヤレスイヤホンは?

今回紹介した中で1番格安・激安の完全ワイヤレスイヤホンは、7位のSoundcore Liberty Neo 第2世代 A3911011です。

低価格モデルですが、性能はほかのエントリー・スタンダードモデルに比べても十分にあります。

持ち運びしやすいサイズとなっているのも魅力的です。

②ノイズキャンセリング機能が付いているワイヤレスイヤホンは?

ノイズキャンセリングとは、周囲の音(外音)を消して音楽だけを聞こえるようにした機能です。

ハイエンドモデルなら一般的な機能となっていますが、エントリー・スタンダードモデルで搭載しているのは限定されています。

今回のランキングの中だと、1位のWF-1000XM35位のRZ-S50Wになります。

特に1位のWF-1000XM3は飛行機のエンジン音から人の声まで、幅広い帯域のノイズを低減できます。

③ランニングや運動中に向いているワイヤレスイヤホンは?

ランニングや運動中に向いているワイヤレスイヤホンは、2位のHA-A10Tです。

防水・防汗性能が高く、密閉感の高いカナル型のためスポーツ中でも落ちにくいのが特徴です。

ボタン一つで操作可能なのもポイントで、音量や曲の切り替えのためにスマートフォンを取り出す必要がありません。

④通学や通勤に向いているワイヤレスイヤホンは?

通学や通勤に向いているワイヤレスイヤホンは、3位のEmpowerLifestyle TW-E3Aです。

長時間の使用でも負担にならないリスニングケア機能を搭載。

音のバランスを自動で最適化して、自然な音を楽しめるため、移動中に音楽を楽しみたい方にピッタリです。

⑤ワイヤレスイヤホンが繋がらないときの対処方法は?

ワイヤレスイヤホンが繋がらないときは、ペアリングを解除してみましょう。

ペアリングの解除方法は接続している機器によって違いますが、スマートフォンの場合はBluetoothの設定から解除できます。

ペアリングを解除してもワイヤレスイヤホンが繋がらないときは、メーカーに問い合わせてみましょう。

完全ワイヤレスイヤホンのまとめ

完全ワイヤレスイヤホンは優先のわずらわしさから解放され、片耳だけで聞いたり、スポーツ中に楽しんだりと使うシーンを選びません。

1位のWF-1000XM3は、完全ワイヤレスイヤホンでは珍しいノイズキャンセリング機能を搭載しており、音質にこだわる方におすすめです。

2位のHA-A10Tは、低価格モデルですが、操作性能が高く、完全ワイヤレスイヤホンを初めて買う方にピッタリです。

自分の使いたいシーンやライフスタイルに合わせて、完全ワイヤレスイヤホンを選びましょう。

もう一度ランキングを見る